未分類

難聴の対策・予防策

難聴の対策・予防策

まず耳に優しい生活をしましょう。ヘッドホンやイヤホンで大音量の音を長時間聞かないようにしましょう。聴覚を損なわない音の量と時間は米国労働安全衛生庁よりガイドラインが示されています。

カラオケの店内程度の音(90デシベル)なら8時間まで、電車通過時の高架下の音(100デシベル)なら2時間まで、自動車のクラクション程度の音(110デシベル)なら30分まで、120デシベル以上の音は聞かないこととされています。

ご自身が通常聞いている音量を確認してみてください。騒音下には行かないことがベストですが、行く場合は耳栓をするのがお薦めです。

老人性難聴では、生活習慣病である糖尿病や高血圧の関与も指摘されていますので、規則正しい生活および適度な運動が大切です。ストレスも発症要因の1つと言われていますので、ストレスをためない生活を送ることも大切です。

しかしながら、突発性難聴のように原因が不明な難聴も多く存在します。そのため、どれだけ耳に優しい生活をしていたとしても難聴になる可能性はゼロではありません。

自分でできる予防策というのは難しいですが、安心材料として、身体の免疫機構を高め難聴に効果があるステロイドを所持しておくのも一つの方法です。

ステロイドは投与量が多いと副作用の懸念がありますが、少量であれば危険性は低いです。日本ではステロイドの長期処方が制限されており、また再発を懸念して事前の処方を行うことは認められていません。

しかしながら、難聴は早期治療が鉄則であり、かつ難聴の再発も多く報告されているのが現状です。お守り的にステロイド剤を手元に置いておきたいと考えられる方は、海外医薬品の個人輸入という方法があります。

ステロイドが含まれる薬剤でも、個人使用目的、利用は個人責任、かつ一定数量までであれば、厚生労働省に事前に通知することなく海外から輸入可能であることが薬事法で規定されています。医師の診察および処方せんは不要です。個人輸入代行業者を介して、代行業者が提供する通販サイトより購入することができます。