未分類

難聴の種類はどんなものがある?

難聴の種類

難聴は大きく分けて、伝音(でんおん)難聴、感音(かんおん)難聴、混合性難聴、機能性難聴の4つに分けられます。
外耳から中耳に何かしらの原因がある難聴を伝音難聴、内耳より奥の部分(内耳、蝸牛神経、脳)に何かしらの原因がある難聴を感音難聴といいます。

混合性難聴とは伝音難聴と感音難聴の両方を合併しています。機能性難聴とは器質的な障害が確認できないにも関わらず耳が聞こえづらい状態を指し、非器質性難聴とも呼ばれています。

伝音難聴は何らかの原因で内耳まで音が届きにくくなっています。耳を塞いだ状態のときと同じように、音が小さく聞こえます。そのため比較的静かな環境で、大きな声で話しかけられれば、話の内容を聞き取れることが一般的です。

感音難聴は音の振動自体は内耳の蝸牛という部位の中に存在するリンパ液にまで到達しており、リンパ液の振動には変換されているのですが、それ以降の音の伝達に何かしらの障害が生じており、音が脳まで届かない状態を言います。

聴神経が影響しているとも考えられ、音を鮮明に感じ取ることができず、音が歪んだりひずんだりして聞こえます。そのため音を大きくしてもはっきり聞き取ることはできません。加齢による難聴は感音難聴の1つであり、音を感じる細胞の衰えにより発症します。

突発性難聴は感音難聴の内、原因がはっきりしないものを指します。幅広い年代に発症し、左右の耳の内どちらかだけ聞こえが悪くなるのが一般的です。

混合性難聴は伝音難聴と感音難聴の両方が存在し、どちらの難聴の症状が強いかによって、その症状には個人差が大きいのが特徴です。

機能性難聴は原因が明らかではありませんが、ストレスなどの心理的要因が原因の心因性難聴、意図的に難聴を装っている詐聴(さちょう)、ヒステリーが原因のヒステリー難聴などが含まれます。