未分類

難聴の診断・検査方法は?

診断・検査

診察はまず問診から始まります。両方の耳が聞こえにくいのか、それとも左右どちらか耳のみなのか。急に聞こえづらくなったのか、それとも徐々に聞こえづらくなっていったのか。耳鳴りや耳の痛みなど、難聴以外の耳の症状を併発しているのか。

めまいがないのかなどが尋ねられます。その後難聴の原因がどこにあるのか探るために各種検査を行います。

まず、外耳や鼓膜に異常がないかを確認します。この検査は顕微鏡で行うのが一般的です。中耳炎を発症している患者は咽頭部位も合わせて確認をします。耳垢により耳道が塞がっている場合は、処理を行います。

その後聴覚機能検査を行います。聞こえの程度を調べる純音聴力検査、および音をどれくらい正確に聞き取れているかを調べる語音聴覚検査が行われるのが一般的です。いずれも、健康診断などで行う聴力検査のように、音の出るヘッドホンを付けて、音が聞こえたら手元のボタンを押して検査します。

一般的な健康診断では1000ヘルツと4000ヘルツの2音のみの検査ですが、純音聴力検査ではより詳細に低温域の125ヘルツくらいから高音域の8000ヘルツくらいまで聞こえる範囲を詳細に調べます。その他、耳後部にヘッドホンを装着して、骨を伝わり音が聞こえるかも確認する場合があります。

語音聴覚検査は、音自体は聞こえているものの、何を話しているのか分からないといった症状を呈する難聴の方向けの検査であり、ヘッドホンから聞こえる様々な言葉を正確に聞き取れているか確認します。この2つの検査により難聴の原因をある程度絞ることができます。

その他、CTやMRIの画像検査を行い、耳や脳の状態に異常がないか確認します。採血も実施し、難聴を誘引する病気に罹患していないか、全身状態は良好かを確認します。